<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

数日かけて畑仕事・・・
a0281511_12443649.jpg
a0281511_124559100.jpg
a0281511_124712100.jpg
上から三枚の画像は右から左につなげてパノラマで見ます。
我が家の雑草菜園・・・・一面何やかやと植えています。
「こんな草畑もったいない」
と人々が見て通りますが、
この雑草がある意味で貴重なのです。
自然農マガイ農法・・・・・・


畑をいじると砂埃が舞うほどにからからに乾燥しきっています。
それに昼間33℃を超える暑さですから仕事は朝早くと夕方に限られます。

除草と野菜の手入れ次の野菜造りの準備、
それに収穫。
a0281511_12532160.jpg
サツマイモの除草・・・一度しっかり除草すればいいのです
奥さんの加勢を受けます
「こんなことするなんて考えなかった・・・・」
a0281511_12545321.jpg

キュウリなど大きくなりすぎ

収穫時期に入ると野菜によっては毎日手入れ収穫しないといけないものもあります。
ナス・トマト・キュウリ・にがうり・おくら・インゲンなど数日おけば
熟れすぎたり硬くなって収穫時期を逸します。




仕事の後の酒はおいしい
新鮮野菜で・・・
思い出しました・・・・・、



味噌舐めて晩呑む酒に毒はなし 煤けかかあに酌をさせつつ

出水市小原地区の開墾で
当時この開墾に東北出身の農民の父と呼ばれ全国をまたにかけて指導していた
 「石川理記之助」さんが先頭にたっていたようです。


作詞家・・・・石川理記之助
by kanmyougam | 2013-07-22 12:48 | 思いつくままに
暑中お見舞い申し上げます

三連休暑い日でした皆さんいかがお過ごしでしたか
a0281511_1052514.jpg


暑い中で窯に火をいれた窯の窯出し

一日は近くの仲間と組んでゴルフに出かけ

一日は雑草菜園の収穫と除草




ラッキョウの植え付けのためにと耕しておいた畑もう雑草に埋まってしまいました
トマト・キュウリ・ナスビ・はよくできています。
一日も油断できない野菜といいますが、窯焚きゴルフして来た間に手に負えないぐらい
大きくなったり熟しています。









a0281511_10191729.jpg




















a0281511_102010100.jpg









一枚目はセピアで表現しました。
マスキングの状態。


2枚目はマスキング後上から釉うを掛けて
さらににマスキングしたり釉を二重にかけたり・・・・。

焼き上がり。

マスキングの効果を感じてください。








a0281511_10345169.jpg






















工房したのグリーンではグランドゴルフを楽しんでいます。
老若男女集まってのプレー。
元気な笑い声が工房に跳ね返ってきます。



ここは集落で「造形美術展」の作品を作ったり
集落対抗のスポーツ大会(グランドゴルフ・バレー・駅伝)
花祭りの花つくり・・・町一周のフラワーロード
お魚まつり・・・・・・

競い合うのが好きな処です。








一枚目の画像は早朝の朝焼けのようす。
陽光の帯が海に映っています
複雑な雲の景色ですが
その日の天気を読みとらねばなりません


古老たちは
朝陽・夕陽を見て
一日の天気を推測していた



a0281511_11295474.jpg













7月16日11時30分撮影
by kanmyougam | 2013-07-16 10:06 | 思いつくままに

667 真夏がやってきた

梅雨が明けて毎日30度を超える
暑い真夏日になりました。


今朝の「八代海の島々」

a0281511_935730.jpg


今朝目が醒めたらお日様はだいぶ高く上っていた。

a0281511_9575478.jpg

朝霧がかかっていたが霧が晴れてきて
冴え渡る空と海が広がってきました。


a0281511_10554568.jpg



a0281511_1018095.jpg


海開きに備えて海水浴場の整備が進んでいるようです。






a0281511_12223233.jpg


製作進めています。
「抜き絵草文長方皿」です。
これから釉をかけます。






10日夜9時窯焚きに入りました。
明日いっぱい焚き続けます。
by kanmyougam | 2013-07-10 11:27

666・梅雨の中休み

梅雨の中休み・・・・?

曇りの予報でも、降ったり照ったり曇ったりを繰り返す

農家の方も仕事の段取りして
でも雨に降られて

仕事の目処が立てにくい・・・。

a0281511_855326.jpg


農家はサツマイモの害虫駆除の薬剤を大きなタンクに調合、
軽トラに組み積み込んで中断、
空を眺めて晴れ間を待つ・・・・

・・・・・・・・・・


定点観測の「八代海の島々」
梅雨の合間の曇り空

玄関脇のナンキンハゼの枝振りが今年は一まわり大きくなって                            八代海の視界を変えてきた



作陶も天気を見ながらのところがあって
降ったり照ったり曇ったり・・・・
一喜一憂する

ロクロを挽いて室にいれ
乾燥具合を見て、
出したり入れたり・・・


a0281511_16323810.jpg

思い出したように、クラフトテープによるマスキングの仕事。
赤いテープで釉をつかなくします。
はいだら釉をかけられます。

この繰り返しで重ね掛けもします。



「山帰来」がモチーフ





















ナンキンハゼに今年も昆虫がいっぱい
a0281511_9482721.jpg名も知れない虫
イシガケチョウ・・・←
・・・・タテハチョウ・アゲハチョウの仲間
シジミチョウの仲間

どれも写すのが大変です

















a0281511_1835583.jpg



タテハのなかま・・・・

長い距離を渡ることで有名な
アサギマダラでしょうか









シジミの仲間が多く見られますが
うつせまえん


昨年は 
アオスジアゲハをUPしていますが
今年はまだ見かけません
by kanmyougam | 2013-07-03 10:06 | 思いつくままに

工房「上名窯」の作陶・工房の人々との出来事・自然など・折々のことを書きます


by kanmyougam