<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

よいよ5月
皐月・・・・爽やかな風に吹かれて



a0281511_10244226.jpg
     
                                              F3   皐月風にふかれて



定点観測の「八代海の島々」
伊唐島のジャガイモの島
油彩でスケッチの一枚  F3「皐月・・・・爽やかな風に吹かれて」、
イメージを膨らませて「ツルのわたる島々」 F130 を描きました。



a0281511_10295265.jpg


kanmyougamaのギャラリーから窯のある建屋へのスロープ
南天・ムベ・柏・楠・カエデの木々が若葉を伸ばして爽やかな風の道になりました。


小鳥が運んできたものだから
朝露にぬれたり
虫を気にして通ります。



今年いっぱいはほっときましょう。









a0281511_10494585.jpg

















アヤメか・ショウブか・杜若・・・
アヤメにしておきましょう。

今年の個展のモチーフの一つです。
椿・アヤメ・フジ・野ブドウ・・・陶板にしてみました。

5月3日から16日
「空港ギャラリー鹿児島」F2で開きます。





会期中は自宅と空港を行き来します。

工房には水槽の金魚・めだか、
鉢植えの花がありますので
数回工房に帰りましょう。


お訪ねくださった方への返事が遅れますが
ご容赦ください。




爽やかな風に吹かれて雑草のなかから「アザミ」を掲載した。
前回のこと。
a0281511_1447755.jpg

何の変哲もない雑草の中に黒い坊主を突き上げたような雑草が眼に留まった。
あたり一面コブシを振り上げている。
こんなに多く見かけると知らないではすまなくなった。


WEBから____

スズメノヤリ Luzula capitata (イグサ科 スズメノヤリ属)  

スズメノヤリは日本全国から東南アジアにかけて分布する多年生草本。
葉は全て根生であるので、草丈の低い草地でしか生育できない。
定期的に刈り取られるような畑の畦や路傍などに生育している。
葉の縁には長いクモ毛がある。
スズメノヤリ属の仲間にはこの葉縁の毛がある種が多い。

 春に10~30cmの花茎を出し、茎頂に1つの集まった花序を付ける。
葉の縁に長い毛があり、花序が1つの頭花をけいせいしていれば、スズメノヤリの可能性が高い。
この頭花が大名行列の毛槍をイメージさせるのであろう。
頭花は、最初に雌しべが成熟し、その後に雄しべの葯が伸びて目立つようになる。


スズメとは「小さい」という意味。

子どものころ記憶をくすぐられて懐かしい。
by kanmyougam | 2013-04-30 14:58 | 思いつくままに

657 アザミ

アザミの花
優しい響きの花です。
a0281511_1353662.jpg

棘がいっぱいの花で素手では扱えない花です。

アザミの語源とされてい言葉に
沖縄の[刺す]という言葉の[アザ]というのがある。
これから出たという。

アザミの花は世界で200種、日本だけでも60種。
そんな中で春に花をつけるのがこの種だけらしい。
アトは夏や秋に花をつける。
夏花をつければ夏アザミと総称で呼ぶ。

他の花と同じように江戸時代にはすでに園芸種も出ている。


______Webから

・菊(きく)科。
・学名
  Cirsium japonicum (野薊(のあざみ))
      Cirsium : アザミ属
   japonicum : 日本の
 Cirsium (サーシアム、キルシウム)は ギリシャ語の古名の 「cirsion」が語源。

・昔、イギリスで、 スコットランドと イングランドが 
 戦争をしていた時、 この痛いトゲで
 スコットランドを 守ったことから、
 今もスコットランドの 国(地方)の
 国花となっている。


・9月24日の誕生花(薊)
・花言葉は「独立」



石原やくねりしままの花あざみ      白雄

花薊露燦燦と葉をのべぬ         飯田蛇笏






a0281511_14152049.jpg    
SM  お花畑























個展を控えてネコの手も借りたいほどなのに火曜日ゴルフに出かけた。
救いは夫婦二組で廻ったこと


a0281511_15104259.jpg
                      F0   岬

ハガキ一枚大の絵。。。。「岬」
ひとまわりお花ロードになっている。
第3回長島花フエすタ ・・・・・・お花畑です。
5月6日まで。

by kanmyougam | 2013-04-25 15:30 | 思いつくままに

656 個展に向けて

a0281511_9535065.jpg

山笑う季節。
定点観測「八代海の島々」伊唐島。
だいぶ雰囲気が変った。
土の畑か広がった。
馬鈴薯の収穫が進んでいるのです。

「温泉客がすくなくないか」と常連さんに聞いたら、
「馬鈴薯獲りと芋つくりで遅くまで畑仕事じゃないか?]と返事が返ってきた。
なるほど。

しばらく前は
「モジャコ(鰤の稚魚)とりで沖縄の南まで出かけている・・」
そういえば漁師のお風呂常連さんが少なかった。


工房の周囲から花を二つ。
ツツジ・クルメツツジの生垣、いまが満開
a0281511_10581916.jpg


a0281511_1112818.jpg
薄紫の藤




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本題に移って
本焼き出来上がりました。
一部並べてみました。
a0281511_1174967.jpg



a0281511_14513931.jpg


これは晩酌ようにと組んでみました。

今日は家人とお友達で、バリをとったり、畳み付きを削ったり、
作品を選り分けて個展の準備です。
二人でよくお喋りしていて
楽しそうです。










今回で空港ギャラりーで18回目。
気が遠くなりそうな期間ですが、よく大事にしていただいています。
スタッフの方にお世話になっています。
a0281511_11325716.jpg

        
昨日は慌てて
DMの発注と栞を作りかえしました。
2010年から更新していません。













 ギャラリーと窯はいまはこんな感じ



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

絵と陶  別府威徳作品展
会期2013年5月3日(金)から5月16日(木)
会場鹿児島空港エアポートギャラリー鹿児島
鹿児島空港2F
Tel 0995-58-2114

AM10:00から18:00

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

空港へおいでのさいは2F「空港ギャラリー鹿児島]を覗いてください。





[絵と陶]で個展ですので
絵の制作も進めています
a0281511_12184969.jpg
by kanmyougam | 2013-04-19 12:20 | 思いつくままに

655   本焼しています

ツツジ
a0281511_21435167.jpg


a0281511_2240192.jpg
カエデの花?






a0281511_22431284.jpg
土手の草花・・
シロツメクサ・・・黄色は菜の花。黒・ムラサキの花は何でしょう・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




a0281511_22503695.jpg
久しぶりの素焼き。生活の器を中心に・。


a0281511_22531218.jpg
今日

15日(日曜日)・・・・釉掛け・・・窯詰め終了・・・本焼をしています。
明日いっぱいかかるでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日14日・・家人と県陶芸展と友人の個展を見に出かけました。
叔父さんが4人作品の前に・・・・
高校の美術クラブの先輩・後輩が会場で一緒になりました。


a0281511_2312794.jpg

美術クラブの同窓の動向をまおめて情報誌にまとめて送ってくれるM君(母校の美術教師・教え子・・・)・二年先輩のHさん・山形屋デパートで個展を開いているパリで活動中の顎鬚のM君(同級生)、六本木新国立美術館の白日会展にも来てくれました、・・・・・・と私。
by kanmyougam | 2013-04-14 23:20 | 思いつくままに

654  あわただしい数日

朝早くはいろんな音がすんだ空気を通して聞こえます。
小鳥の鳴き声、漁船のエンジンの音。



小鳥たちは早起きです。
ウグイスやシメの鳴き声が聞こえます。
他にも聞こえますが知らない小鳥です。


a0281511_6532585.jpg

ウグイスの姿は見えません。
シメの群れがいました。
a0281511_2133672.jpg

工房の木に群れているのが鳴き声の主。


a0281511_219985.jpg


シメ
(鴲、学名:Coccothraustes coccothraustes)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。蝋嘴鳥(ろうしょうちょう)という異称がある。「


太いくちばし、短い尾。
全長:19cm
春夏に北海道の林で繁殖、秋冬は本州以南の林の周辺に移動、くちばしは冬は白っぽく、夏は黒っぽい。
雌は雄より全体的に淡い色。
波状飛行。
ピチッ、シーッなどと鋭く鳴く。    ______日本野鳥の会____


今朝は5時半に起きて素焼きの窯に火を入れました。


[八代海の島々]も朝陽に染まっています。
画像の右にお日様が見えますがボツボツ海に光の帯が映る季節になります。



______________


ここ数日あわただしい日程を過ごしました。

4・5日。

宇治を会場に、同窓会関西在住の仲間と旧交を温めました。

一日目、改修中の治平等院・宇治川河畔の桜並木・源氏ミュージアム
二日目は京都市の観光で京都御所の一般公開・先斗町でお昼・南禅寺・哲学の道・銀閣寺・・・・

好天に恵まれ満開のサクラを楽しみました。
a0281511_824595.jpg
宇治川河畔のサクラ
a0281511_85371.jpg
京都先斗町のとおり
a0281511_874564.jpg
参道
a0281511_8154838.jpg
哲学の道と疎水・・・・・この最後の画像同窓のE君から届きました(哲学の道)


よく歩いた2日間でした。


京都を6時発、11時着新幹線で出水に帰り着きました。
by kanmyougam | 2013-04-08 07:38 | 思いつくままに

653  葉桜になって

「花散らしの嵐」、
前線は関東以北へ。
雷雨、40メートルを越す記録的な強風になっているようです。


a0281511_1452650.jpg



[八代海の島々]は霞んで、
獅子島・御所の浦島は空に溶け込んだようの見えます。
ヤマサクラやクスの若葉が際立って、
マルチの馬鈴薯畑は独特の濃い緑になりました。


今日ははれていい天気。



a0281511_15164566.jpg

工房のサクラはもう葉桜。


今残っているのは八重サクラ。








「鶴の渡りの話」
a0281511_14411797.jpg


地方紙[南日本新聞]の今日のコラム「黒じょか」から
鶴の渡りの話・・・・。
by kanmyougam | 2013-04-03 14:45 | 思いつくままに

工房「上名窯」の作陶・工房の人々との出来事・自然など・折々のことを書きます


by kanmyougam