2012年 11月 20日 ( 1 )

630 小春日和

a0281511_21481668.jpg

久しぶりに定点観測。
「八代海の島々」の景色です。

11月10日早朝6時30分。
柔かい朝焼けです。

ここ数日、朝はぐんと冷え込んで昼間は春先のようにポカポカと暖かい日続いています。
こんな日を「小春日和です」と気象予報士の解説していました。




a0281511_221825.jpg












ナンキンハゼが黄葉しました。
夏場は緑色の大きな実でしたが、
黒く色ついて、はじけて真っ白い
実を見せています。

ナンキンハゼ(南京櫨・南京黄櫨、学名: Triadica sebifera )は、トウダイグサ科の落葉高木。

和名は、ハゼノキの代わりに蝋をとる材料として使われるようになった、中国原産の木の意味である。


白い実を小鳥たちは啄ばんでいるのでしょう。
よく観ると白い実は硬い殻の実でした。
ちょうど銀杏のみをそのまま小さくしたようなものです。
この殻をどうやって食い破るのでしょう。


a0281511_2285959.jpg
















磯公園の磯工芸館でのグループ展後半に入っています。
17日僕の当番、和服のお姉さんが手助け期駆けつけてくれました。


a0281511_22291463.jpg

磯公園は島津斉彬公の邸宅。
桜島を望む景勝地、
多くの観光客が訪ねて見えます。



香港からのお客さんがやってきて、
「練り込み」や「鉄絵銅彩」に興味を
持ってくれました。

急須・酒器をお買い上げ、
楽しい時間でした。








a0281511_13213977.jpg






















「磯工芸館」は
薩摩切子の展示即売館です。
a0281511_1036462.jpg


Nさんは日本工芸館のメンバーの一人、
薩摩切子の復元に尽力された方。
工芸館の発案で薩摩焼とのコラボが実現しました。
by kanmyougam | 2012-11-20 22:38 | 思いつくままに

工房「上名窯」の作陶・工房の人々との出来事・自然など・折々のことを書きます


by kanmyougam